大手探偵社と地元の探偵社の違い

お問い合わせ時に、事務所は北九州市内ですか?と聞かれることがあります。大半の方がネット検索で探偵社を検索して、お問い合わせくださるようです。
ネット上で検索してみるとわかるように、大手探偵社は各地に支店があるようにみえますが、実際には東京などに本社があり、面談なども東京などから出向くことが多々あります。受けた調査に関しても、地元の探偵社に下請けとして出すということもあります。

今回は、地場の探偵社と他県の大手探偵社のメリット・デメリットについてまとめてみました。

地元の探偵社

メリット
・委託・下請けを挟まないため料金が安い
・現場までが近いためフットワークが軽い
・急な調査でも対応できる
・土地勘があるので調査の成功率と証拠能力が高い

デメリット
・調査員数や機材の点で大手に劣る
・悪徳探偵の可能性もある

大手探偵社

メリット
・調査員数が多い
・調査機材が豊富

デメリット
・委託の場合があるため料金が高い
・土地勘がないため失敗しやすい
・急な調査対応が出来ない

大手の探偵社で1番にくるのは信用できるという部分でしょう。長年、全国的にやっていくためにはそれ相応の信用がないとやっていけません。
しかし、莫大な広告宣伝費や調査員数のために経費もかかってしまい、調査料金も地元の探偵社に比べ倍ほどの違いがあります。下請けにまわした場合などは、そのマージン分も料金に上乗せされてしまいます。
全国に支社を持つ大手探偵社であれば、どんな地域でも対応してくれますし、所属する調査員の数も機材の数も豊富ですが、自分が住む場所の近くに信頼できる探偵社があるのであれば、そちらのほうが依頼者にとってはメリットになる場合が多いのです。そして、一番大事なこととして、土地勘・地の利という事があげられます。

浮気調査や素行調査といった行動調査においては、土地勘・地の利が大きく関わってきます。

たとえば、

調査現場周辺の住民の警戒心など風土を理解しており、車両や服装を変化させるなどの対策を予め用意できる。

歩いていく先に大通りがあることや、そこがタクシー乗場になっていることを知っており、対応や行動の推測が出来る。

ホテルの所在地が完全に把握できており、先回りなど柔軟な対応がとれ、対象者の経済状況とホテルの料金などを照らし合わせ、行くとされるホテルが推測できる。

土地勘がないばかりに、その先が行き止まりと知らずに尾行してしまい警戒される。もしくは、調査がバレてしまい調査失敗となる危険性がでてくる。

勤務先やホテル周りで張り込む時も、適した場所を把握しており確保し易い。(調査で一番難しいのは、尾行・撮影よりも張り込みです。)

など、行動調査において土地勘・地の利は、きりがないほどにメリットがあります。

地元で信頼おける探偵社があるのであれば、大手探偵社よりもメリットが多いように感じます。調査とは金額的にも高額な出費となってきますので、出来れば大手を含め数社を回ってみることが良いかと思われます。
当社では面談時に相見積もりをお勧めしています。

 

関連記事

  1. 調査とプライバシー

  2. 警察の捜査と探偵の調査の違い

  3. 浮気調査の費用は相手に請求が可能です

  4. 探偵がしてはいけない違法調査とは

  5. 探偵業を営むにあたって