警察の捜査と探偵の調査の違い

テレビや映画などでは、探偵はスムーズに事件を解決していきますよね。そういったイメージで見ている人も多いと思いますが、現実にはそんな事はありません。時間をかけて、足を使って、忍耐力で結果を出すことのほうが圧倒的に多いように感じます。つまり、すごく地味な仕事と言えます。警察や刑事さんの捜査もそうなのかもしれません。

ここでは探偵と警察の違いについてまとめてみました。

端的に言うと、探偵は民事で警察は刑事と言えます。

未成年者が行方不明になると、犯罪に巻き込まれた可能性もでてくるため警察が動きます。しかし、成人の場合は、探したい人の意思よりも本人の意思が尊重され、単に家出という事で民事になり、探偵しか調査できないということになります。ストーカー事件などは犯罪なのですが、その過程が民事と刑事の中間のような状態にあり、警察もなかなか動けないということがあります。これは、警察は民事不介入という鉄則のようなものがあって、刑事事件として犯罪認定されてないことに関しては積極的に動けないのです。

このような場合、探偵なら証拠集めに動くことができます。証拠を集めて、それを警察に提出して犯罪認定が下れば、刑事事件として警察が動けるようになります。

刑事や民事の区別がわかりづらいかもしれませんが、警察に相談しても動いてもらえないものは探偵の仕事ということですね。

民事と刑事の中間のような事案、つまり犯罪認定までもっていく事が大変な刑事事件といえば、恐喝・脅迫・詐欺・ストーカー行為・迷惑行為・近所トラブルなどがあげられます。刑事事件に結びつける決定的な証拠となると、なかなか難しいのが現状です。たとえば、詐欺なども立証できなければ、ただの金銭の貸し借りとなり民事扱いです。脅迫なども、小柄な女性が大きな男性を脅迫した場合など、なかなか犯罪認定が下りないというケースもありました。

次に、代表的な民事事件についてです。

35%の夫婦が経験する離婚問題、中でも多くの離婚理由にあげられる浮気・不貞です。ご周知のとおり、浮気をされていると警察に頼んだところで調べてはもらえません。冒頭でも申し上げましたが、警察は民事不介入という決まりがあり、浮気は民事なので警察の調査範囲外だからです。

上でご紹介したように警察と探偵では調べることができる範囲がはっきりと分けられているのです。

探偵ができること

代表的なものでいうと、浮気や不倫、ご近所とのトラブルや、会社での雇用問題、個人間のトラブルなど、事実確認が必要となってくる民事事件の証拠取りとなります。

 

関連記事

  1. 浮気調査の費用は相手に請求が可能です

  2. 大手探偵社と地元の探偵社の違い

  3. 探偵業を営むにあたって

  4. 調査とプライバシー

  5. 探偵がしてはいけない違法調査とは